2017年8月30日水曜日

厳しい残暑の中 いけばな子供教室

軒下を貸していたツバメ一家が去り、来年の営巣に向けて古い二つの巣を取り壊した今でも、玄関の出入りの際にはついつい見上げる癖が出てしまいます。そんなツバメロスの寂しさを埋めてくれる絵に出会いました!ワァ──ヽ(*゚∀゚*)ノ──イ


ツバメの隊長は何を持っているんだろ?女の子と何を話しているのかな?
ほのぼのとして心癒される絵ですね~。


いけばな子供教室8月26日は「ヤツデをいろいろくふうして生けよう!」をテーマに、ガーベラ・バラ・かすみ草・スターチスを使い、面の形で生ける事を習いました。



ヤツデは春よりも夏から秋にかけてが、一番勢いが良く美しいそうです。
まさに今日のヤツデは緑濃くとても艶やかで、面の素材にピッタリですね。







生け花は、面・点・線の三種の形があるそうですが、今回はあまりしない面のいけ花に挑戦となりました。
高学年の子ども達はヤツデの良さを活かしてそのままの形で、低学年の子ども達はヤツデをうさぎさんの顔にカットして好きな表情に生けていました。
考えるだけで楽しいですね。

今日は点と線の形に生けるより、自由に伸び伸びと個性を出して皆さん工夫し、とても楽しく生けていました。
次回は9月9日です。