2017年12月27日水曜日

今年最後の新刊本のご案内

クリスマスが過ぎると・・すぐにお正月。

スーパーや街中もすでにお正月の準備で忙しそうです。

市民館は・・というと 受験生や宿題を早めに片付けようという学生さんでいっぱいです。

館内の作品も変わりました。
その季節に合う作品を展示してくれているのは 当館の森下館長の奥様です。

うす暗い館内も 飾るだけで明るくなります。

どれも素敵な作品でセンスの良さに惚れ惚れします。







外は寒い雪がチラチラ舞っています・・寒いわけです。
市民館は暖かいですよー。





12月27日 到着の新刊本
書名 著者 出版社
book1 乱世をゆけ 織田の徒花、滝川一益 佐々木 功 角川春樹事務所
book2 本当は怖い日本のことわざ 出口 汪 監修 宝島社
book3 フィルムカメラのはじめかた 上田晃司・河野鉄平・種清豊+ナイスク 技術評論社

今回は一般書70冊、セット本「映画・ドラマ原作」が1セット入れかわりました。






年末は12月28日(木曜日)夜9時まで開館しています。

年始は1月4日(木曜日)朝の9時から通常通り開館します。


それでは皆さま 良いお年をお迎えください。