2017年12月27日水曜日

今年最後の新刊本のご案内

クリスマスが過ぎると・・すぐにお正月。

スーパーや街中もすでにお正月の準備で忙しそうです。

市民館は・・というと 受験生や宿題を早めに片付けようという学生さんでいっぱいです。

館内の作品も変わりました。
その季節に合う作品を展示してくれているのは 当館の森下館長の奥様です。

うす暗い館内も 飾るだけで明るくなります。

どれも素敵な作品でセンスの良さに惚れ惚れします。







外は寒い雪がチラチラ舞っています・・寒いわけです。
市民館は暖かいですよー。





12月27日 到着の新刊本
書名 著者 出版社
book1 乱世をゆけ 織田の徒花、滝川一益 佐々木 功 角川春樹事務所
book2 本当は怖い日本のことわざ 出口 汪 監修 宝島社
book3 フィルムカメラのはじめかた 上田晃司・河野鉄平・種清豊+ナイスク 技術評論社

今回は一般書70冊、セット本「映画・ドラマ原作」が1セット入れかわりました。






年末は12月28日(木曜日)夜9時まで開館しています。

年始は1月4日(木曜日)朝の9時から通常通り開館します。


それでは皆さま 良いお年をお迎えください。

2017年12月12日火曜日

新刊本のご案内と少しだけクリスマス

 寒くなりました。

早いものでもう12月・・。
この間、初詣に行ったばかりな気がします。


市民館も・・クリスマスムード。
ひかえめなツリーが 皆様をお迎えしています。

どこにあるのか、探してみてくださいね。








こちらの素敵な作品もすっかりクリスマス。




これなんてショーケースの中のチョコレートみたいです。キラキラ輝いています。




見ているだけで幸せな気分になりそうです。






12月8日 到着の新刊本
書名 著者 出版社
book1 クリスマス・キャロル チャールズ・ディケンズ 光村教育図書
book2 しあわせ いもと ようこ 講談社
book3 和食のえほん 監修 江原絢子 PHP研究所


今回は児童書100冊、大活字の本が入れかわりました。



2017年12月10日日曜日

いけばな子供教室 クリスマスを生けよう

12月9日、今日のいけばな子供教室は「クリスマスを生けよう」がタイトルでした。花材は、白木・ヒバ・バラ・スプレーカーネーションです。中でもバラ1本にはラメが付いていてとても華やかです。
ツリーに飾るオーナメントも使います。花器が赤いブーツなので、もうそれだけでクリスマスの雰囲気。☆*Merry*☆=- ★=- ヽ(^∇^*)ノ -=★ -=☆*X'mas*☆



少し高さのある白木を中心に、ヒバははるべく小さく切って低く周りに生け、他の花材は色のバランスを見ながら自由に生けていました。
オーナメントは好きな箇所に飾り、冬の森のクリスマスを思わせる仕上がりとなりました。皆さん明るく、楽しく、いつもに増して笑顔で生けていました。












2017年12月1日金曜日

絵手紙写真コンクール出品作品展示

10月末に行われた市民館まつりに合わせ、豊校区・岩田校区・多米校区の3校区合同企画「絵手紙写真コンクール」で校区在住の方や小中学生に作品募集を呼びかけたところ、多くの方からの作品が寄せられました。
岩田校区市民館~東陽地区市民館での展示を経て、現在豊岡地区市民館玄関ロビーで全作品を展示中です。



審査の結果、複数の入選と優秀賞1作品が決定しています。
優秀賞はこちら↓、東陽中学校の生徒さんの作品です。



その他にも心温まる力作がたくさん。






展示は12月10日(日曜日)までです。ぜひご覧ください。