2016年9月1日木曜日

シェイクアウト訓練

「防災の日」の9月1日、県内総ぐるみ防災訓練の一つ、「あいちシェイクアウト訓練」が県内各所で実施され、豊岡地区市民館も「シェイクアウト訓練」を行いました。



 同訓練は、南海トラフ巨大地震など大地震発生の際に、それぞれが、その場に応じた身の安全を確保する行動を習得するのが目的。



 この日、正午に防災無線、豊橋防災ラジオ、豊橋ほっとメールで一斉に、「地震発生。

ただ今から1分間、自分の身を守る行動をとってください」と、訓練開始の連絡が入りました。










 「姿勢を低く、頭を守り、じっとする」のが、自分の身を守る行動をとる訓練のポイント。







当市民館の主事たちも訓練開始の合図と同時に、ヘルメットを手に机の下へ。揺れが治まるまでを想定した1分間、ダンゴムシのようにじっと身を丸めていました。