2016年6月22日水曜日

爽やかな歌声で梅雨を吹き飛ばそう!「懐かし愛唱歌ゼミ」

今年度の高齢者セミナー第3回「懐かし愛唱歌ゼミ」が6月21日(火)、開かれました。

約110人が参加。実結の木音楽教室主宰・下山恵子先生の指導で、「♪ 人生楽ありゃ 苦もあるさ~」などと、全10数曲を、声高らかに合唱し、楽しい時間を過ごしました。



発声練習やパタカラ体操(口腔体操)に続き、梅雨のシーズンにちなんだ「雨」や「あめふり」、「かえるの合唱」などから。「かたつむり」の歌では、両手のこぶしや指を使ってツノや目を出したり、「みかんの花咲く丘」では、右手と左手でそれぞれ2拍子、3拍子のリズムを同時に打ったりするなど、次第に難易度がアップする技にも挑戦。




 
「四季の歌」では手話を交えて歌い、「青い山脈」など青春時代を思い出して歌うなど、元気な歌声が館内に響き渡りました。

豊岡地区市民館で毎週第3火曜日「雲雀ヶ岡」サークルで音楽指導を続けている下山先生。この日、参加者のリクエストに応え、「月の沙漠」を独唱してくれました。透き通った美しい歌声に、情景を思い浮かべて涙ぐむ参加者たちの姿も。



次回高齢者セミナーは、6月28日(火)『膝腰の健やかゼミ』です。