2016年6月16日木曜日

市民館講座・高齢者セミナー「市電わくわくゼミ」



 平成28年度の高齢者セミナー第2回「市電わくわくゼミ」が6月14日(火)、開かれました。
約120人が参加。

“市電の絵”で知られる、伊奈彦定先生のビデオ映像や、市電の過去と未来のお話を楽しみながら、市電を活かしたまちづくりを考えました。








 伊奈先生は、松山小校長を退職後、とよはし市電を愛する会の副会長、会長を歴任して現在、同会顧問。

平成11年に全国路面電車サミット豊橋大会実行委員長を務めるなど、絵やイラストだけでなく、人にやさしい乗り物・市電のあるまちづくりをライフワークにしています。








 「運動公園前」など電停があり、市電に親しんでいる豊岡地区の参加者たち。

身近な風景の絵の数々を、「あのお店が描かれている」など、身を乗り出して鑑賞。








 戦前や終戦直後の様子の絵を懐かしんだほか、人生の苦難の坂を乗り越えるように、市電が坂を上る絵には、思わず「頑張れ」という声援も。

未来の車両が走り回る予想図には、「長生きして、乗ることができたら」という声も出ていました。