2015年12月3日木曜日

初めての絵手紙教室 最終回

どんな道具を揃えたらいいの?そんな初心者の方を対象に、5月から月1回のペースで開催してきた「初めての絵手紙教室」が12月2日に第7回、最終回を迎えました。

花や野菜を描いたりお気に入りの器を描いたり、筆を持って絵に集中する時間はとても楽しく、先生や他の受講生との絆が生まれ、会話と笑顔が絶えない講座でした。




最終回は年賀状を描きました。新年のご挨拶は1年に1度、寒い季節に心のこもった1枚が届いたら気持ちが温かくなりますね。
絵が主体、小さい柚子も大きく描き文字は空いているところに。




「謹んで新春のお慶びを申し上げます」が入らなかったら「謹賀新年」だけでもいいのよ。
と、受講生一人一人の席を移動しながらお手本を描いていきます。


先生の周りはいつも人だかり。



最終回の後、受講生の意思で自主グループ「絵手紙 花みずきの会」が発足しました。
これからも月1回集まって楽しく活動が続きます。




そして今、豊校区・岩田校区・多米校区の3校区在住の方や小中学生に募集を呼びかけた「絵手紙写真コンクール」の応募作品が豊岡地区市民館で展示されています。

応募総数655点の絵手紙や写真作品が、市民館のロビーや階段踊り場を埋め尽くしています。









大人が描いた趣のある作品や、子供の目線とストレートな表現に感心させられる作品がいっぱいです。
こちららは12月9日まで展示予定ですので、ぜひご覧ください。