2015年11月3日火曜日

市民館まつりにご来場ありがとうございました!

10月31日(土)・11月1日(日)の市民館まつりは、協力者の皆様や来館者の方々のおかげで大盛況のうちに終える事が出来ました。

10月の中旬以降は市民館まつりの準備で毎日めまぐるしく、会場の設営方法や芸能発表会の進行等、案を出し、話し合い、直前まで最善の方法を模索しながらシミュレーションを積み重ねて来ました。

それだけに多くの来館者をお迎えできた事、何より事故なく無事に終えられた事に心から安堵しており、運営委員・職員一同関係者の皆様方に感謝の気持ちでいっぱいです。

感動と思い出を残してくれた市民館まつりの様子をアップします。


10月30日(金)、この日は朝から自主グループの方々・運営委員が集まり、会場の設営を行いました。前日までに部屋使用に支障のない範囲でパネルの下準備をしておきましたので、あとは組み立てて完成させます。







とても大変な作業なのですが、力と息を合わせて「せーのっ!」で次々展示パネルが完成していきます。

図書室でも




午後2時からは展示作品の搬入です。水彩画・掛け軸・ペン習字・手作り人形や手芸作品など、今年も自主グループや地域の方々に出品していただきました。







10月31日(土)に行われるお茶席の準備も整い、市民館まつりの開会を待つばかりになりました。


*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*


10月31日(土)、9時開館です。
今回初めて珍しいメダカの展示と、来館者にメダカをプレゼントするためメダカすくいを企画しました。メダカすくいは11月1日(日)、提供して下さったのは、通称「メダカの先生」です。










まるで金粉銀粉をまとったかのような美しさです。

31日は展示だけだったのですが、ほとんどの来館者が珍しいメダカに足を止め熱心に見ていかれました。翌日のメダカすくいに期待が高まります。



午前のイベント、いけばな子供教室グループ主催の「お茶席」が始まりました。
自主グループ活動の中でいけばなのお稽古に加え、お茶の作法も習っています。

講師の指導を受け、お客様のおもてなしに向かいます。




水屋ではお母様方がお手伝い。




緊張しましたね~。とても立派におもてなし出来ましたよ。
美味しいお茶とお菓子をありがとうございました。


館内の作品展示の様子






市民館まつり11月1日(日)の様子は、また明日以降にご報告します。