2015年7月1日水曜日

高齢者セミナー第2回 「腹話術漫談」

高齢者セミナー第2回は、6月30日(火)、豊田市在住の宇野政博さんを講師にお招きし、腹話術2題を披露していただきました。

相棒は「けんちゃん」、クリッとした目のかわいい男の子です。



宇野さんに抱っこされたけんちゃんは巧みな人形操作で、まるで人間の子どもの様に手や首を動かし、宇野さんを見上げて会話します。



最初の演目は『学校大好き』

学校が大好きなけんちゃんはどんな科目が好きなのかな?

「マラソンはどうですか?」
「あれは疲れるよ」
「かけっこは?」
「あれは足が痛くなる」
「鉄棒は?」
「腕が痛くなる」
「水泳は?」
「けんちゃんね…かなづちなの…」
「じゃあ何が好きなの?スポーツの中では」
「グランドゴルフ!」


「理科は好きですか?」
「好き好き、だーい好き!」
「理科のどんな所が好きなの?」
「あのね、実験はちょっと好き」
「理科の中で一番好きなのは?」
「あのね、リカちゃん人形がだーい好き!」



休憩を挟んで二つ目の演目は『地獄と極楽の観光案内』

地獄行きか天国行きかの分かれ目、閻魔様が人の善行悪行の判断に使う浄玻璃鏡(じょうはりのかがみ)。現在ではハイテク化し、人工衛星を使い宇宙から撮影された生前の一挙手一投足がDVDに録画されているそうです!(あくまでネタです)
宇野さんとけんちゃんのそんなやり取りに、会場はほのぼのとした笑いに包まれました。

次回は7月14日(火)、「大地震への備え」を学びます。