2014年10月2日木曜日

ショウリョウバッタの産卵

先日夕方、市民館西側の芝生の上にあざやかなオレンジ色した3cmくらいの物体を発見しました。
ゴミかと思い拾うために手を伸ばすと、すぐ傍には体長7cmはありそうなバッタが!




生き物に詳しい館長を呼んで見てもらうと「ショウリョウバッタ」との事で、
オレンジ色の物体は卵を包んでいる泡、どうやら産卵中だったようです。
危うく素手で掴んでしまうところでした。




バッタの色がタイルの色と同化していますね。
産卵場所を探してタイルの上を移動している内に、産気づいて(?)しまったのでしょうか。

カマキリの卵は見たことがあるものの、バッタの卵は初めて見ました。
それもそのはず、普通は土の中に産卵するそうで、地上に産み付けられた卵はそのままだと乾燥してダメになってしまうらしいです。