2014年6月17日火曜日

心を込めて・・・ いけばな子供教室

夏はせっかく飾った切り花やアレンジが長持ちせず、がっかりする事もしばしば。

気温が高くなるとどうしても水のいたみが早く、雑菌が繁殖して水の吸い上げが悪くなります。

毎日水を取り換える、直射日光の当たらない涼しいところに置く、延命剤を使うなど

いただいたお花を少しでも長く楽しみたい! と工夫していますが…。



いけばな子供教室6月、『プレゼントの花』




針金にボタンを通して目・鼻を作り、カーネーションに差し込み顔を作ります。

周囲をヒペリカム、かすみ草、タマシダで飾ると、黄色いバラでオシャレしたプードルのようなアレンジの完成です。





アレンジは小さめの容器で、茎を短くする方が長持ちするそうです。