2014年6月12日木曜日

囲碁グループがAED勉強会

囲碁クラブさんは、豊岡地区市民館で長く活動している自主グループです。

会員のほとんどは高齢の方なので、健康面での不安をお持ちの方も少なくありません。

事務室に設置されているAED(自動体外式除細動器)を見た会長さんが、興味を持って下さり、囲碁の時間を利用して、館長が勉強会を開きました。

普通救命講習会で使用されているAEDのデモ機は無いので、DVDを見ながら館長が説明を加えます。




倒れている人を発見した、大切な家族が急に意識を失った、こんな場合誰しも冷静でいられないことでしょう。

いざという時慌てず落ち着いて応急手当をするためにも、定期的に救命講習を受けて繰り返し体験する事が大切です。