2014年5月16日金曜日

幼児ふれあい教室スタート!

1歳児親子を対象とした「幼児ふれあい教室」の初回は大学教授で幼児教育の第一人者をお招きして、「こころを育てる子育て」について講話をしていただきました。



親子共々お話を聞くうちに幼児の数人はあっちこっちに歩き回ります。
今回はあえて託児なしのスタンスで進めました。
お母さん達も講話を聞きながらあやしたり様々な子育て術を吸収してくださいました。


こころを育てる子育てのポイントは0歳から小学校入学までの道のりを
信頼感を育むには泣いている状態をありのままに受け止めよう
発達段階では自分の意思で行動したり思考したり言葉を発したり、感情を表出することを尊重しよう
人とのふれあい、かかわりあいを大切にしよう
自立への進行状況を認めほめたり諭したりして健やかに伸びていくスタンスを見守ろう
自分勝手な行動には他の子とのぶつかりあいの中で気付くよう支援を心がけよう
食事や排泄、睡眠、清潔、着脱衣の習慣は毎日の繰り返し、積み重ねで育てよう
ルールを守ったらほめてあげよう
叱る時の体罰は決していけません
反抗期はコミュニケーション能力と感情と思考が育つために必要な大切なプロセスです
「受け入れること」「共感すること」を大切にしながら子どもの立場からの理解をしよう




第2回目は子育てについてのグループごとに話題を出し合い意見支援をしたり助言を受けて
より良い子育てを目指します。