2014年5月13日火曜日

豊岡地区に焦点化した防災・減災トラム

防災トラム、6回シリーズの第1回目は中消防署 渡邊東分署長による学習会。
阪神淡路大震災や東日本大震災の記録映像と共に東南海トラフ3連動大地震についての最新情報を教えていただきました。



大地震で助かった人の大部分は自力で脱出または近くにいた人々によって救出されたことから自助・共助は重要である。
過剰な不安は禁物、健全な危機感を常に持ち、冷静で考えられる対策や準備をしたい。
食料・飲み水などの備蓄や緊急持ち出し物品を各家庭で用意しておく。

の3つが大きなポイントです。



次回は 6月7日。防災と減災の講話。地域防災リーダー連携の取組です。