2014年4月29日火曜日

市民大学トラム「昔なつかしい日本の歌を心豊かに歌って楽しもう」

本年度の市民大学トラムがいよいよスタートしました。

募集開始日前から問い合わせがあるほど人気の講座で、募集人員40名のところ70名を超える応募をいただき、

厳正なる抽選を行い受講者が決定しました。

4月25日 金曜日、第1回目の講座の様子です。この日のテーマは「うららかに春の歌を歌いましょう」



講師は笑顔が素敵な下山恵子先生




手前で伴奏してくださっているのはアシスタントの杉浦証音先生










歌詞の意味や、歌に対する先生のエピソードなどを交えながら、春の歌を歌いました。

会場は和やかで暖かい雰囲気に包まれ、きれいな歌声が館内に響いていました。

次回は、5月8日 木曜日、「おだやかに母の歌を歌いましょう」。